【ショック…】寝起きをよくするアプリを使ってみました!

こんにちはニンテンドースイッチが気になっている中林です

先日、コンビニのイートインコーナーに行ったら、小学校低学年と思われる子達に占領されていて、やむなく外でフランクフルトにかぶりつきました。

さらに、その小学生達がみんなニンテンドースイッチを持っていて、楽しそうにゲームしていたのです!

港区限定の光景なのでしょうか。

今頃の小学生はすごいですね…。

ニンテンドースイッチは人気のために未だに電気屋さんでは品切れ状態で、ネットでは定価で買えないのに、目の前にたくさんのニンテンドースイッチ…。ショックでした…。

さて、最近新しいアプリをダウンロードしたので、そのアプリを紹介します。

それが、こちら!
【Sleep Meister – 睡眠サイクルアラームLite】

日本での「ヘルスケア&フィットネスの無料ランキングが1位」のアプリのようです!

早速使ってみると、睡眠時のデータがグラフ化されて、ぱっと見てよく眠れたかどうかがわかるようになっています。

「中途覚醒」とは途中で起きてしまうことのようですが、中林はそんなことはなく、快適な睡眠ができているようです(笑)

僕が一番このアプリで面白いと思っているのは、「寝言の録音機能」があるところです!

こんな感じで、全て録音してくれるのです。

この日に録音をされたのは、いびきと、布団がすれる音でした(笑)

自分のいびきは初めて聞きました…。

普通にうるさいいびきでした。ショックです。

あと、このアプリを使うと、「アラームに起こされる」というよりは、「アラームが起こしてくれる」感じがあります。

いきなり、起きろ〜!と言われるのではなく、優しく起こしてくれる感じがします。

アプリが気になる方はぜひぜひ使ってみてください。

ちなみに、睡眠の質を高めるためにはローカーボをすることが効果的です!!

人体の代謝が安定するから睡眠の質が高くなり、寝起きもスッキリです。

なので、別にアプリは必要ない疑惑が…(笑)

あとは、吉川先生が言っていたのは、カーテンを開けて寝ないと目覚めがスッキリしないようです。

「太陽の光を額の視交叉上核から浴びないと体内時計がシンクロされず、体が起きませんので、光が入らない部屋で寝ていたら意味がありません。」のとのことです。

快適な睡眠のためには、「糖質カットと日の光が入る部屋でカーテンを開けて寝る!」ですね


Webからのお問合せは吉川メソッドオフィシャルHPまで
http://www.yoshikawa-method.co.jp/

お電話でのお問合せはこちらまで
03-6450-4405


7552
yblog
life


吉川メソッド公式ホームページ
http://www.yoshikawa-method.co.jp/

Facebook
https://www.facebook.com/YoshikawaMethod

Twitter
https://twitter.com/y_method

Instagram
https://www.instagram.com/yoshikawa_method_official

関連記事

ページ上部へ戻る