肉体改造中は、お酒(アルコール)は飲まない方が良い!?

こんにちは 最近、久しぶりにヘビーな二日酔いになってしまった中林です

さて、肉体改造中はお酒は飲まない方が良いのでしょうか

答えは、「飲んでも大丈夫ですが、飲み過ぎは注意」です

最近、吉川メソッドで減量をされた男性のお客様の中では、「このダイエット期間中に、一日もお酒を欠かさなかった!」という方もいました。

逆に、すごい!と思ってしまいました!(汗)

そのお客様は、糖質を徹底カット出来ていたので成果はバッチリ出ていましたし、筋肉も付いていました。

ですが、アルコールに関しては色々な情報や、「飲まない方が良い!」という方もいますよね!

実際はどうなのでしょうか? というわけで、アルコールについての知識のおさらいです。

知識があれば上手くお酒と付き合いながらストレスフリーで肉体改造が行えますからね!

アルコールを摂取すると、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドにアルコールが代謝され、無毒な酢酸に分解されます。

アルコールは身体にとって毒素なので、優先的に肝臓で分解されることになります。

この分解酵素が糖新生の補酵素と同じなので、アルコール分解中は、アルコールの分解酵素のほうが優先され、糖新生がその間ブロックされてしまいます。

なので、あまり大量に飲むと夜間の糖新生が後回しになり、翌朝血糖値が下がる可能性があるようです。

また、糖新生のときに使うエネルギーを脂肪分解で調達するため、アルコール分解中は、脂肪の分解量が減ってしまうことになります。

あとは、酢酸からアセチル-CoAが生成され、脂肪酸が合成されるので、お酒を多く飲むと一時的に高脂血症になったり、実験でアルコールは細胞を死滅させることがわかってるので、飲み過ぎは良くないですね!

ちなみにアルコールは1g7kcalもありますが、身体の栄養素として使うことができず、摂取しても体熱として放出されるので、脂肪としての蓄積はほとんどありません。
ですから、このアルコールのカロリーは気にしなくて大丈夫です。

お酒で太ると思われているのは、お酒に含まれている糖質が原因です。
あとは、お酒を飲むと知らず知らずのうちに食べすぎてしまうことも原因ですね!

ちなみに、ビール500mlを飲んだら角砂糖約5個分の糖質を摂ることになるので、ビール好きな方は結構な量の糖質を摂っていることになります。
ビール、ワイン、日本酒などの「醸造酒」は糖質が含まれるので飲みすぎは注意です。

糖質が少ないお酒は「蒸留酒」です。

ウイスキー、焼酎、ジン、ウォッカ、テキーラ、などですね。

糖質ゼロビールには、100mlあたりに、0.5g未満の糖質が入っている可能性がありますが、飲み過ぎなければOKです!
お酒が好きな方は、お酒と上手く付き合いながら、健康維持や肉体改造を進めましょう


Webからのお問合せは吉川メソッドオフィシャルHPまで
http://www.yoshikawa-method.co.jp/

お電話でのお問合せはこちらまで
03-6450-4405


7552
yblog
life


吉川メソッド公式ホームページ
http://www.yoshikawa-method.co.jp/

Facebook
https://www.facebook.com/YoshikawaMethod

Twitter
https://twitter.com/y_method

Instagram
https://www.instagram.com/yoshikawa_method_official

関連記事

ページ上部へ戻る