小麦ファイバーを使ってメキシカンタコス風!

こんにちは21歳の誕生日の日はメキシコを旅行中でタコスを食べまくっていた中林です

その日は朝から友達がビールを掛けてくれて、ケーキを食べて、タコスを食べて、テキーラを飲んで過ごしました。

この年は、豚インフルエンザが流行っていた年で、タミフルという薬も良くニュースで言っていたときです! と言うと、懐かしさを感じる方が多いかもしれません。

当時は、糖質なんて1mmも気にしたことがなかったですが、あれから7年が経ったので、小麦ファイバーを使ってタコスを作ります!

準備するものはこちらです。

【材 料】

  • 小麦ファイバー 60g
  • サラダ油 大さじ2
  • オオバコの種皮(食物繊維) 小さじ1
  • 水 100cc
  • 塩 一つまみ
  • サラダチキン
  • 千切りキャベツ
  • サルサソース
  • カレーバウダー
  • チーズ
  • 0カロリーパルスイート

【作り方】

まず始めに、トルティーヤを作ります。

トルティーヤは、タコスの生地のことで、普通は小麦粉を使います。
ですが、今回は糖質オフの小麦粉ファイバーを使用します。

小麦ファイバー、サラダ油、水、オオバコの種皮、塩を入れて、手で良くこねていきます。
※固まり具合を見て、水の量を調整してください。

そして、生地を適当な大きさにして、薄くのばします。
本当はこの機具を使った方が綺麗にできるみたいです。

【Tortilla トルティーヤプレス(トルティーヤ メーカー) 6インチ】

今回は使わないので、当然仕上がりはこのようになります

適当な大きさに分けて、生地をのばします。
※手のテカテカ加減を見ると、使う油が多かったかもしれません。

料理は愛情ということで、焼いていきます。

僕は、電子レンジを使って生地を焼きましたが、普通にフライパンで両面に焼き目が付くまで焼いてください。

焼いている間に、同時進行でタコスの具を作ります。

サラダチキンをほぐして、カレーパウダーとチーズと0カロリーパルスイートを適量入れて、レンジでチンします

チンした後はこんな感じです

そして、トルティーヤが焼き上がりました!想像以上の焼き上がりです

トルティーヤに千切りキャベツを少量のせて、チキンものせて、最後にサルサソースを少量のせたら完成です

味はと言いますと、、、うまい!!!けど、「何だこれ?」トルティーヤの食感と味ではなく、「何だ?なんだ?」 「ナンだこれ!」

というわけで、インディアンなお味となりましたが、味はなかなかグッドでした!

糖質量はざっと計算すると、一枚あたり1g以下です!

正直、低糖質過ぎてよくわかりません!(笑)

糖質を含む食材は小麦ファイバーと、キャベツと、サルサソースですが、小麦ファイバーにはほぼ糖質はないですすし、キャベツとサルサソースは少量だけなので、安心して食べられますよ♪ お試しあれ〜


Webからのお問合せは吉川メソッドオフィシャルHPまで
http://www.yoshikawa-method.co.jp/

お電話でのお問合せはこちらまで
03-6450-4405


7552
yblog
life


吉川メソッド公式ホームページ
http://www.yoshikawa-method.co.jp/

Facebook
https://www.facebook.com/YoshikawaMethod

Twitter
https://twitter.com/y_method

Instagram
https://www.instagram.com/yoshikawa_method_official

関連記事

ページ上部へ戻る