寝る前に食べると太る?

4471
こんにちは。吉川メソッド店長の中村悠子です。
今日も目からウロコ情報を配信していきますね(^^)
今日は「寝る前に食べると太る?」です。さて、答えですが、
はいといいえ、どちらもです。

実は時間によって全く違います。

日中であればなんと、さほど問題ありません。

でも、夜寝る前に食べた場合は脂肪は非常につきやすくなります。

ポイントは食べる時間帯と寝る時間帯です。

人間は朝日と共に動く体内時計を持っていますが、
その体内時計に合わせて1日のリズムを調整し、身体の働きを変えています。

夜になると、この体内時計にあわせて BMAL1(ビーマルワン)
というタンパク質が多く分泌されます。

このBMAL1(ビーマルワン)は別名肥満遺伝子とも呼ばれていて、
このビーマルワンが多く分泌されている時間帯に
体内に入った栄養は脂肪に変わりやすくなります。

ビーマルワンが一番多く分泌される時間帯が22時~午前2時の間で、
一番分泌量が少ない14~16時と比べると、実に20倍も多く分泌されます。

つまり 日中と比べると 20倍太りやすいということです。

また、痩せるホルモンとも言われる成長ホルモンは、
同じく22時~午前2時に一番分泌されやすくなります。

分泌させやすくするには二つ条件があります。

① 22時~午前2時の時間帯に就寝していること
② 22時~午前2時の時間帯に空腹状態であること

夜の22時には空腹状態で就寝していれば
脂肪が体内で作られるのを抑えることができ、
さらに脂肪燃焼に欠かせない成長ホルモンを
たくさん分泌させることができるのです。

食事の消化吸収にはだいたい3~4時間ほどかかるので、
夜の22時には身体の中の栄養を使い切って空腹になっている状態にするために
消化吸収の時間を逆算して、18時くらいまでに食事を終わらせておけば
ばっちり安心ということになりますね。

また夜遅い時間に食事をするのであれば 炭水化物と脂の多い物を控え
タンパク質をメインにして、できるだけ量を少なくすると、
被害は最小限に抑えられます♪

では「寝る前に食べると太るか?」の答えをまとめます!

昼間に食べてすぐに寝ても脂肪はつきにくいです。

ですが、夜寝る前の時間帯に食べるた場合は脂肪がつきやすくなります。


吉川朋孝先生がつづるブログはこちら
《吉川朋孝 筋トレの教科書ブログ》

吉川メソッド公式ホームページはこちら
《吉川メソッド オフィシャルサイト》


 

関連記事

ページ上部へ戻る