吉川朋孝 筋トレの教科書ブログ

正しい知識を学んで一生の財産に

♯08 (最終回) 職人に共通する「量より質」~素振りも筋トレも疑い続けて探求する~

m_y8

♯08 (最終回) 職人に共通する「量より質」~素振りも筋トレも疑い続けて探求する~

町井さん:今は息子とジムに行ってたった10回っていうのが、町井家のマイブームです。(笑)

今まではうちの息子もバーベルを20回上げるみたいな感じだったんですけど、
今は丁寧にやると10回もできないんですよね。

吉川:そりゃそうですよね~。出来ちゃあダメなんですよね。

僕も卒業したお客さんによく言うんですけど、
「いいですか、○○さん、出来るようになったら疑ってくださいね。」って。

普通は出来るようになったら喜ぶじゃないですか。

でもすぐに出来るようになるっていうのは、できるような楽なフォームになっているはずなので、
フォームに無駄が出来てるってことになるんですよね。

だから、むしろ筋トレの場合は、上がりにくいフォーム、引きずらいフォーム、
つまりはキツいフォームが正しいフォームなわけであって、
それが無駄のないフォームなんですよね。

でもやっぱりみんな上げたいっていう気持ちが先行しちゃって、フォームが乱れてしまう。
しかも、それは無意識ですからね。
だから相当頭で理解してやらないと。

町井さん:慣れは怖いですね。

ドラクエの会心の一撃では意味がない

吉川:そうですね。慣れは怖いです。
だからさっきの、素振りを反復1000回とか絶対やっちゃいけないですよね。

町井さん:しばらく来てなかった門弟が久々に来て見てみると、
すっごいフォームが崩れてますからね。

「家で一生懸命やってたんです!」って言うんですけど、
「全然違うことやってるじゃん。」って。
それだったらやらない方がいいよって感じなんですよ。

吉川:そりゃそうですね!(笑)ほんとそうですよね。

おそらく、みんなからこの話を聞くと、
「でもさ、1000回振ったら、10回くらいはちゃんと振れてるでしょ?」って思うかもしれないけど、
おそらく、1000回全部ダメだと思うんですよ。

うちも、1000回は無理だとしても、仮に軽い重量で100回上げるってなったら、
100回とも全部ダメなはずなんですよね。

やっぱり1回1回すごく集中して、考えてやらないと正しいフォームにはならないんで、
いくら100回やっても、100回とも0点なんですよね。
数打ちゃ当たるではないんですよね。

町井さん:仮にね、その100回のうち、1回でも正しく出来ていたとしても、
武術的な立場から言うと、それってドラクエの会心の一撃なんですよね。

吉川:なるほど。(笑)

町井さん:敵と戦ったときに、偶然でればいいけど、100回に1回しかでなかったら、
自分死んじゃうんで。

吉川:確かに死んじゃいますね。(笑)

町井さん:毎回毎回それができるようになりたいなって思いますね。

吉川:本当そうですよね。

でもちゃんとやれば出来るようにはなるんですけどね。
運であってはならないですからね。

特に筋トレの場合って筋肉を破壊するほどの負荷をかけるんで、すごく危険なんですよね。

その危険なことを1回1回やっているっていうことをちゃんと自覚してやらないと。
じゃあ楽なフォームで、軽い重さでやっても、怪我はしないかもしれないですけど、
筋肉は付かないですからね。

町井さん:下手にすれば体壊したりしますもんね。

吉川:それはあれですよ。居合をやりたいって言って、
ネットで調べて、町井さんのところには来ないけど、
自分で家でネット見ながら素振りしてるのと同じですよね。
それはなんにも得られないですからね。

町井さん:ここまで早く抜けるようになりました!っていっても、
全然無駄な動き入っていますからね。

吉川:そうですよね。(笑)

何事も最初に“何を”“誰に”教わるかが大切

吉川:やっぱり、まず最初に何を知るかってすごく大事だと思うんですよね。

僕がもし居合をやるってなったら、ネットで調べないで、
間違いなく町井さんのところに行く。

もし町井さんのところに通えない距離だったら、
最初だけはちゃんと教わって、それを自分でやりながら、
確認のためにたまに町井さんに会って、これどうですか?って聞くと思うんですよね。

これは筋トレも同じで、お客さんが卒業されて、
自分でやっていると絶対にフォームが崩れちゃうので、
たまにでも良いので、うちにきてフォームを見直すだけでも全然違いますからね。

今日みたいに町井さんに「誕生日プレゼントでトレーニング1回無料券差し上げますよ」って言って、
久しぶりにやると、いろんな発見があると思うんですよね。

町井さん:はい。楽しみにしてます。

もう体が吉川メソッドを求めて求めて仕方がないんですよね。
自分でやったらなんか不満足なんですよね。

吉川:じゃあ早速トレーニングを始めましょうか。

(終わり)

対談後のトレーニングで衝撃の結末が!!!

m
左:町井勲さん 右:吉川朋孝


7552
life
blog2

関連記事