同じように見えても同じではない
ミリ単位の軌道修正で驚くほど“効き方”が変わるのです!
ゴッドハンドを持つ吉川朋孝にはそれができます

普通、筋肉を成長させようと思って筋トレをすれば、以前より回数を増やす、重量を増やしていくことでしょう。しかしこれが大きな間違いを生むのです。脳は筋肉を損傷させないように楽なフォームにしようとしますから、以前より回数を増やしたり、重量を増やせば、知らず知らずのうちにどんどん上げやすいフォームになるだけなのです。つまり、目的の筋破壊から遠のくばかりです。吉川メソッドは、逆転の発想から生まれました。以前に10kgが10回上がったら今回は10kgが10回も上がらないキツいフォームはどんなフォームなのか?つまり、関節や腱に負荷を逃がさず、ピンポイントで狙った筋肉だけに負荷をかける黄金のフォームです。こうして吉川メソッドの黄金のフォームの基礎が作り上げられたのです。吉川メソッドのトレーニングは、一見すると他の筋トレと大して変わらないように見えますが、ミリ単位のフォーム軌道修正のため、普通の人が見ても全く違いに気付きません。しかし体験すればその違いは歴然です。どんなにトレーニング経験が豊富な人でも吉川朋孝本人のトレーニングメソッドを受ければ、今までやっていた筋トレがいかに無駄が多かったかに気付くでしょう。本物の筋破壊メソッドとは、逆転の発想から生まれたオリジナルの黄金のフォームにあるのです。そして、そのメソッドは常に進化をし、トレーナーの熟練度が高ければ高いほど、筋破壊の効果も高いのです。

それは、大きな間違いです!先天的に筋肉がつきやすい体質でないかぎり、筋トレをたくさんしたからって筋肉がつくわけではありません。名選手名監督にあらずで、自分を鍛えることが上手でも、自分と違った骨格をもった人をうまく指導できるかはまた別の話です。筋肉が付きやすいかはほとんど遺伝子で決まってしまいます。吉川朋孝自身、筋肉が付きづらい体質だったからこそ、筋肉が付かない人の理由がわかるのです。では、どうしたら筋肉が成長するのでしょうか?それは、しっかりと筋肉を筋破壊することです。骨折すれば、回復したときに以前より丈夫になるのと同じ原理で、筋肉も損傷が大きければ大きいほど、以前より成長します。しかし、この筋破壊が思った以上に難しいのです。なぜなら、脳が筋肉を自ら損傷させるような選択をさせようとしないからです。いくら筋トレをしても、筋肉が楽になる軌道に動くだけなのです。最初は誰でも使わない筋肉を使えば、筋肉が損傷し、筋肉痛が来て、わずかながら成長するでしょう。しかしまた同じ筋トレをしても筋肉痛は来なくなっていませんか?それでは、効果はありません。それは、筋破壊ではなく、筋運動しているだけだからです。毎回しっかりと筋肉痛がこない筋トレは効果がないと思って良いでしょう。
吉川メソッドがなぜビフォア&アフターの結果に「体重何キロ減!」と書かないのか?それは体重を落とすことにこだわって欲しくないからです。体重を落とすのは簡単です。筋肉を落とせばいいからです。正しく筋肉に刺激を与えることができずにカロリー制限や過度な運動をすれば、体重は落ちますが、同時に筋肉も落ちます。筋肉は脂肪より比重が重いので、体重の数値的にはたくさん落ちるでしょう。しかし、代謝の高い性質を持った筋肉が落ちれば、少ないエネルギーでまかなえる省エネな体質になってしまい、食べなくても痩せない、少し食べただけで太ってしまうという、最悪な体質になっていくのです。そうなると、体重は落ちてもただ見た目が小さくなっただけ。なんだか元気がなくなったように見えるし、期待していた理想的なシルエットにはほど遠い…。元々気になっていたボディデザインの悪いバランスはそのままで、ただ一回り小さくなっただけに過ぎません。今までのダイエットはほとんどこのパターンなので、ダイエットをすれば、リバウンドする。元気がなくなると言われてきたのです。筋肉に正しく刺激を与える技術はとても難しいですが、吉川メソッドでは老若男女、初心者から上級者まで効率的に刺激を与える独自フォームのノウハウがありますので、人生最後のダイエットをするのであれば是非、吉川メソッドの正しい筋トレフォームをご体験ください。

サプリメントに期待する効果はありません!
当社は高額なサプリメントは販売してません
大事なことは、自分自身の中から変えることです


これも大きな間違いです!もし効いてたら、あなたの悩みは解決しているはずですよね。今は飲まないよりマシ程度に思って飲んでいませんか?コラーゲン、酵素、プラセンタ、グルコサミンなど様々な美容や健康にいいなどと宣伝されたサプリメントがありますが、飲んだだけでは効きません。もし飲んだだけで効くのなら、髪の毛を飲んだら髪の毛が生えると言っているのと同じ事です。では、どうすれば効くのか?どうすれば解決するのか?それは、体に反応させることです。身体の中ではホルモンなどの様々な物質が絶えず作られています。飲んだから作られるのではないのです。健康な身体だと、必要な物質は、必要なときに必要な分だけ作られます。サプリメントで解決しようとしている人の多くは、様々なホルモンなどの物質が、必要なときに必要な分だけ作られない不健康な身体なのです。では、どうやって健康な反応を身体にさせるのか。私の見解は、筋破壊だと思っています。筋破壊→回復→筋破壊→回復の繰り返しをすることで、今まで眠っていた、サボっていた、様々な反応が活性化するのです。私がみてきた多くの生徒さんが、みんな健康になっていくのは、身体の反応が正常化するのだと思っています。人間の自然治癒力はどんな最先端医療より本来は優れていることをご自身の身体で体感してください。

賛否両論のローカーボ(糖質制限)ですが、将来的に間違いなく多くの人が普通に糖質をカットしていると私は思います。ダイエット食としてだけだったら、ただのブームで終わりますが、ローカーボは理にかなった食事法(人類の救世食)なのです。三大栄養素はタンパク質、糖質、脂質ですが、この中で身体の材料にはならず、エネルギー、つまり脂肪にしかならないのは糖質だけです。糖質は身体にとって大事と断言される方も多いですが、その根拠が不明確です。多くは「脳のエネルギー源は唯一ブドウ糖」だとか、糖質を抜くと低血糖になって力が出ないなど…。しかしこの説はまったくの荒唐無稽です。まず、脳はブドウ糖だけでなく、脂肪から代謝されるケトン体を好んでエネルギーにしますし、体に必要な糖質は、タンパク質からできるアミノ酸や、脂肪からできるグリセロールから作り出すこと出来ます。血糖値を上げるのは唯一糖質だけなので、糖質を摂取しなければ、血糖値は常に安定します。それにもかかわらず、外部から糖質を摂取すれば、当然として、血糖値は上昇します。上昇した血糖値は下げなくてはいけませんので、インスリンというホルモンが分泌され、血糖値を安定時まで下げようとします。ここでちょうど良く元に戻してくれればいいですが、時として下げすぎてしまい、それが低血糖を招くのです。ですから糖質を摂取しなければ、血糖のブレがなく、低血糖になることもありません。また、近年では、マウスの実験で、94%のマウスがコカインより糖質に中毒性を示したというデータもあります。それもそのはず、糖質を摂取すれば、脳内の快楽物質ドーパミンが分泌され、ドーパミンはその行為を学習します。学習した脳は、快楽と引き換えに、ふたたび糖質を摂取しようとするのです。ですから、糖質制限を始めて間もない頃に、イライラした、やる気がでないなどは、コカイン中毒者の禁断症状と同じなのです。昨今多い「過食症」ですが、過食症の人は肉だけ食べたら過食はできません。脂質が正常な満腹感を生むからです。糖質はコカインより中毒性が高いので、人体の限界を超えて食べることができるのです。糖質を摂取しなければ、血糖も安定、精神的にも安定するので、集中力が増し、学力も仕事力も上がります。また、糖質は老化の元凶であるグリケーション(AGE)を招くので、美容にも健康にも最悪です。糖質をカットすればわかりますが、すぐに肌の調子が良くなります。絶食で肌の調子が良くなるのは、単に糖質の摂取量が減るからですね。まだまだ良いことがたくさんありますが、これ以上はご自身の身体で体験してください。

 

Q:食事制限はありますか?それは、どのようなものですか?

個人個人に合わせた食事メニューをご提案いたします。

吉川メソッドでは、個人個人に合わせた、最適なメニューを作成いたします。生活が不規則なかた、飲食関係のお仕事につかれているかたにも、できる限り実行しやすいメニューをご提案させていただいております。基本的には、糖質をカットし、タンパク質と脂質を中心としたお肉と野菜の食事が基本ベースとなります。完全菜食主義、ベジタリアンのかたにも最適なメニューをご用意いたします。どんなかたにでも対応いたしますので、気軽にご相談ください。

 

Q: 吉川メソッドが他の筋トレと違うところは、具体的にどこですか?

個人の骨格に合わせたミリ単位のフォーム修正で筋肉を的確に効かせます。高重量を扱えばキツいのは当たり前で、大事なのは軽い重量で効かせられる技術です。

吉川朋孝が考案した「吉川メソッド」では、美しく筋肉をつけながらダイエットをして、体質そのものを改善し、太りにくい身体作りをします。本来、体の代謝を高めることがダイエット成功の鍵であり、そのためには筋肉をつけることが最も重要です。近年見かける「体重何kg減!」という見出しには疑問を感じます。

 

体重を落とすことは一番簡単です。カロリー制限するだけですから。どんなダイエット法でも痩せるでしょう。しかしこの場合、確実に筋肉を大きく落とします。筋肉は脂肪より比重が重いので、筋肉を落とせば、体重は落ちますが、どんどん代謝が悪くなり、自らリバウンドする体にしているようなものです。ダイエットするたびに痩せにくくなっている人は確実にこの負のスパイラルに陥っているでしょう。筋肉をつけるためには筋トレだけでなく筋肉に必要な栄養の摂取も必須です。食べないダイエットではなく、しっかりと食事をとることが大変重要です。

 

もちろん無駄な脂肪を落とすにはカロリーコントロールをしなくてはいけません。必要なものだけを摂り、不必要なものは一切摂らない、超合理的食事法を摂ることが大事です。今までの常識では、ダイエット中に筋肉を付けるということ自体相反することであり、不可能に等しいと言われてきました。

 

しかし「吉川メソッド」では、個人個人に合わせた食事方法と未だかつてない高度なトレーニング指導により、短期間で筋肉をつけながらダイエットすることを可能にしたのです。そのためにトレーニングにおいて重要なのが「吉川メソッド」独自の「ミリ単位のフォーム修正」なのです。

短期間で正しいフォームを習得することや、効果的に筋肉をつけるということは非常に困難です。方法やフォームを間違えたままトレーニングをすると、関節や筋に負担をかけ、即座に怪我へとつながってしまうので、筋トレには常に危険が伴います。

 

しかし「吉川メソッド」においては、吉川朋孝が長年培ってきた経験に基づき、何年かけても個人ではなかなか習得できないような難しいフォームであっても、それぞれのお客様に合わせた、ミリ単位の調整や修正によるトレーニング指導を施すことで、安全かつ最も効果的に筋肉をつけていただくことができます。この的確な精密調整によるトレーニング方法こそが、吉川朋孝の考案した「吉川メソッド」であり、他の筋トレと全く違うところと言っていいでしょう。

 

近頃、食事制限と有酸素運動を併用したトレーニングでのダイエットが増えているようですが、実は、食事制限と有酸素運動により落ちる体重のほとんどは、水分と筋肉なのです。メリハリあるボディを手に入れることができないばかりか、筋肉を落としてしまうことで、リバウンドするための体作りをすることになってしまいます。それを防ぐ上で最も重要なのが、減量期における正しい筋トレなのです。短期間で健康的に、メリハリあるボディ作りを効果的に為し得るのは、吉川朋孝の考案した「吉川メソッド」だけなのです。

 

Q: ウエイトトレーニングとは具体的にどんなトレーニング?

「吉川メソッド」ではフリーウェイトと自重を中心としたトレーニングを行います。フリーウェイトとは、ダンベルやバーベルなどを使ってトレーニングすることです。また自重トレーニングとは、何も道具を必要としない自分の体重を利用するもので、習得すれば自宅でも簡単に効果的なトレーニングができるようになります。フリーウェイトや自重トレーニングはフォームの習得が難しいという短所はありますが、マスターできれば筋量アップにこれほど効果をもたらすトレーニングは他にないと私の経験から確信しております。

 

またバランスを必要とするため、スタビライザーと言われる筋群まで鍛えることができるので、姿勢や筋バランスが良くなり、あらゆるスポーツの運動性能が向上します。もちろん怪我もしにくくなります。「吉川メソッド」ではマンツーマン指導により、短期間でフリーウェイト・自重トレーニングを習得することができます。フリーウェイトを覚えればどのようなジムでもできるし、自重トレーニングを覚えればいつでも自宅で簡単に鍛えることができます。短期間で筋肉をつけるには筋肥大させたい部位に確実に効かせなければいけませんが、これが非常に難しいのです。

 

自分なりにやってみてもそれなりに筋肉はつきますが、そのほとんどが間違ったフォームにより、本来効果があるエクササイズでも思ったほど効果がなかったり、最悪の場合、ケガをすることになります。私が自分なりに毎日トレーニングをした最初の2年間は、自分が期待していたほどは筋肉がつきませんでした。その後、本当に筋肉に効かせる方法を見つけてからは驚くほど筋肥大しました。みなさんには私が経験した最初の2年間のような遠回りをすることなく、「吉川メソッド」で最初から短期間で正しく筋肥大させる方法を学んでいただきます。

 

Q: なぜリバウンドしにくいの?

ではまず、なぜ間違ったダイエットをするとリバウンドが起きてしまうのかを説明しましょう。リンゴダイエットにしろプロテインダイエットにしろ、そのほとんどがカロリー制限のみのダイエットです。カロリーが制限されると体がそれを補うため、蓄積されている体脂肪からエネルギーを得ようとするので最初は痩せます。

 

しかし、摂取カロリーが長期間制限されると、身体は期待している反応とは別の反応をするようになります。それは人間が持つ優れた適応反応です。この適応反応により、身体はカロリー制限によって少なくなったエネルギーに適応しようとしてカロリーを燃やす速度を遅くし、なるべく無駄遣いをしないようになります。

 

もうおわかりですよね?この適応反応により、カロリーを燃やす速度が遅くなった状態で元の食事に戻せばリバウンドしてしまうのです。DVDを見ながらの運動や、ランニングなどの有酸素運動だけの減量も同じ適応反応を起こします。 たとえば、30分走って300kcalを燃焼したとします。それを毎日続けると適応反応が働き、体はエネルギーをなるべく使わず走れるようにしようとします。そうすると場合1ヶ月後も初日と同じ強度で30分走っても300kcalも燃焼されなくなるわけです。有酸素運動は確かに痩せますが、減量した体重を維持しようと思えば一生走り続けなくてはなりません。やめてしまえばリバウンドです。

 

食事制限、有酸素運動のどちらの場合でも、適応反応によりカロリーを燃やす速度が遅くなり、やめたとたんに体重のセットポイントが上がり、ダイエットを繰り返すたびに代謝が悪くなるという悪循環が始まります。では筋トレはどうでしょう?筋肉は代謝が非常に活発です。筋量が多ければ全く動かなくても消費カロリーが多くなります。つまり体重70kgで体脂肪15%の人より体重70kgで体脂肪10%の人の方が代謝が早いのです。筋肉は鍛えればいくつになっても増えるものです。筋肉が増えると言うことは代謝が上がることを意味します。他のダイエット法ではやればやるほど代謝が悪くなるのに対し、筋トレで筋肉を増やせば、ほぼ永久的に代謝を増やすことが出来るのです。ここがリバウンドをさせないための大きなポイントなのです。

Q: 女性は筋トレで太くならないの?

ほとんどの女性が筋肉をつけると太くなるのではないかと考えてるようです。しかしそれは大きな勘違いです!筋肉の量や強さを左右するホルモンであるテストステロン(男性ホルモン)の量が男性は女性の比ではありません。ですからテストステロンの量の少ない女性が男性のように太くなることはありません。女子プロレスラーのような方々が、筋肉で太くなっているように見えるのは、皮下脂肪や筋肉の内部にたくさんの脂肪がついているために、そう見えているのです。当ジムの女性モニターさんたちを見てもらえば納得してもらえると思いますが、筋肉は増えても女性は太く見えません。むしろメリハリが付いてシェイプされて見えるはずです。

Q: 女性も筋トレをしたほうが良い理由は?

食事制限や有酸素運動は確かに痩せますが、それだけではただ痩せる(体重が落ちる)、つまり元の体型の欠点はそのままで一回り小さくなるに過ぎません。理想の体型を手に入れるなら、筋トレで自分の理想とする体型にデザインするのが一番です!女性の悩みで一番多く聞くのが上半身は痩せていても下半身は太いままということです。それは正に下半身の筋量が少ないという証拠です。そういった方は脚がむくんだりすることが多いので余計太く見えます。骨の太さは変えることはできません。しかしその上についた筋肉をデザインすることは可能です。

 

たとえば足首が太いと思えばその上に付いているふくらはぎを鍛え、全体的に上に上げればかなり足首が細く見えます。顔が大きいのが気になるのであれば、肩の筋肉をつけて肩幅を広げれば自然と顔が小さく見えます。ウエストの太さを変えなくても背中が広がればVシェイプの視覚効果によりウエストがくびれて見えます。胸元にボリュームが無ければ上部の大胸筋をつけることによってハト胸だってできるのです。男性の方でも自分一人のトレーニングで筋肉を限界まで追い込むのは非常に難しいです。自己流で「限界までやってるつもり」トレーニングでは期待通りの効果は出ません。「吉川メソッド」では徹底したトレーニングシステムと食事方法などにより、日本人女性でも短期間でハリウッド女優のようなパーフェクトボディを手に入れることが可能なのです!

Q: 美容や健康のためにも筋トレは効果が高いって本当?

本当です!美容や健康にとって、筋トレは効果大です。まず生徒さんは、今までにない体調の良さを体感されるようです。それは単に運動不足が解消されたからだけではありません。「吉川メソッド」により、筋肉の破壊、再生を繰り返すと同時に成長ホルモンが大量分泌され、免疫力や回復力が増すことにより本来持っている自然治癒力が驚くほど向上し、いままで調子の悪かった箇所がよくなったりするなど身体を元から正しくしてくれます。また女性は通常、ダイエットすると「肌がボロボロになる」「痩せるとシワが増える」などの心配をされますが、みなさん肌はすごくキレイになり、シワも減るという思いもよらない効果を実感されております。※体感には個人差はございます。

Q: なぜ“自己流の筋トレ”や“通販のマシン”では筋肉が付きにくいの?

まったく運動をしていない人が、腕立て伏せや腹筋を始めれば最初は少しだけ効果が現れるでしょう。しかし、先天的に筋肉が付きやすい体質でない限り、見た目にハッキリとわかるほどの美しい筋肉をつけることは至難の業です。筋肉を成長させるには、筋繊維を破壊するほどの強度と、狙った部位に効かせる正確な筋トレでなくてはなりません。筋肉の成長=筋肉の進化は、生命の進化を見ても自明です。私たち哺乳類の祖先は、大きな環境の変化のなかで死という局面に追いやられれば追いやられるほど、大きな進化を遂げ環境に適応してきました。

 

逆に大きな環境の変化がなければ、進化をする必要はありません。筋肉も同様に、大きな刺激がなければ成長する必要がありません。自分一人で行う自己流の筋トレは、やればやるほど楽なフォームになりがちです。それは脳が進化や苦痛を好まないからです。自ら筋肉を破壊に追い込むようなことをさせまいとして、特定の筋肉に大きな負荷がかかると、無意識のうちにあらゆる筋肉や腱・関節に負荷を逃がし、ダメージを防ぎます。これでは筋肉の進化はとても厳しいものとなるでしょう。何年間も、週に2〜3回のペースでジムに通っているのに体つきが変わらないという人は、間違いなく刺激がうまく与えられていないと言えます。

 

つまり、“やっているつもりトレーニング”に陥ってしまっているのです。通販などの「振動で筋肉を鍛えることにより腹筋何百回分もの効果がある」とか、「骨盤を動かすことで腹筋から大腰筋まで様々な筋肉を鍛えることができる」などと謳っている商品をよく見かけますが、正しく言うなら、これらも“筋肉を鍛える”ではなく“筋肉を動かす”ことをしているだけなのです。したがって、このようなもので筋肉がつくわけがありません。本当の筋トレとはどのようなものなのか、また理想の筋肉を付けるためには、正しいフォームを身につけることが何よりの近道であるということを「吉川メソッド」を通して学んでいただきます。

Q&Aの最終更新日 : 2016-09-14

 

 【吉川メソッド初の自伝】“中林の消せない過去”を執筆!


こんにちは!吉川メソッドトレーナーのバヤシこと、中林です。今回、“中林の消せない過去”を執筆させていただきました。※吉川先生の自伝より先ですみません!全部を隠さずに書いたので、割とスレートな言葉になっています。自分の過去を大勢の方に向けて、自ら話すことなんて必要ないと思いますし、友達に話すことも、あまりありません。ですが、今回こんなことを文章として書きたいと思ったのは、現在たくさんのジムがある中で、「吉川メソッド」という存在を知って頂きたい。という思いが強かったので、書かせて頂きました。また、中林への良くある質問として、「独立とか考えているんですか?」「ライザップの方が稼げるんじゃないの?」って聞かれることがあります。なぜ中林が吉川メソッドのトレーナーとして働いているかも知ってもらえればと思い、包み隠さず過去のことを書いちゃいました!ちなみに、以前の僕ではこんなこと書けませんでした。…続きを読む

♯08 (最終回) 職人に共通する「量より質」~素振りも筋トレも疑い続けて探求する~

 
町井さん:今は息子とジムに行ってたった10回っていうのが、町井家のマイブームです。(笑) 今まではうちの息子もバーベルを20回上げるみたいな感じだったんですけど、今は丁寧にやると10回もできないんですよね。 吉川:そりゃそうですよね~。出来ちゃあダメなんですよね。僕も卒業したお客さんによく言うんですけど、「いいですか、○○さん、出来るようになったら疑ってくださいね。」って。…続きを読む
 

吉川朋孝が質問に直接答えます【ローカーボと筋トレ専用トークルーム】

 
 
質問者:たろー
Q よ吉川さんはサプリメントに期待できる効果はない、独自の筋トレでは筋肉は付きにくいとおっしゃっていますが、ボディービルダーやゴールドジムでトレーニングしているような人は独自の筋トレで、かつサプリメントを大量に摂取していますが、なぜあれだけの筋肉を付けることができるのでしょうか?


A 
体質です。筋肉がつきやすい人とつきにくい人の差です。先天的に筋肉がつきやすい人は、いい加減な食事(効果のないサプリメント含む)といい加減なトレーニングでも発達します。私は、筋肉がつきにくいタイプだったので、普通のやり方ではつかなかったので、他にはない緻密なフォームを編み出せたわけです。女性でも不摂生でたくさんジャンクフード食べても太らない、肌もキレイなモデルさんタイプはいますよね。で、その女性がモデルさんになって、ブログで「朝はスムージー、美顔ローラーを毎日やって、趣味はヨガです。」といって、それを他の女性がそっくり真似して、その人になれますか?ってことです。これは筋肉隆々で体脂肪率が低い男性トレーナーに教えてもらえば、その人のようになれると思ってしまうのと同じです。名選手は名監督にあらず。です。…他も読む

吉川朋孝が恋愛から人生相談まで幅広く回答をする【裏メソッドのトークルーム】

 
質問者:なおなお
Q 彼女いるの?は聞いたのですが いないよって言ったから…なんで嘘をつくんですかね? バレるのに 私、嘘つき嫌いです。先生は、彼女いたらちゃんと相手に彼女いるって言いますか?それとも嘘ついていないって言いますか?


A ここでの返答を見てればわかると思いますが、私は聞かれてなくても自分から言うタイプなので、嘘はつきません。その彼が特別ではなく、まあまあの男性はその条件が重なった場面では嘘をつくと思いますよ。それぐらい、何とか手に入れたいって思ってるわけです。ただ、今回の経験話を次ぎ会う男性に話せば、相手が同じような嘘をつきづらくはなりますね。「それで傷ついた、本当に最低な男だった」ぐらいなことを次からの男性に出会った段階で話せば、それでも尚、同じことで騙して口説こうとは思わないでしょう。仮にそういった嘘をつくタイプの男性だとしても、この子は騙せないな、面倒くさいなと思って去って行きますよ。でも、女性側も去られたくないから嘘を追求しないってこともあるので、どっちもどっちなんですが。…他も読む

お電話での問合せは、こちらの
電話番号をタップしてください
03-6450-4405