【吉川メソッド初の自伝】
“中林の消せない過去”を本人が執筆!



はじめまして!吉川メソッドトレーナーのバヤシこと、中林です。
 
今回、“中林の消せない過去”を執筆させていただきました。全部を隠さずに書いたので、割とスレートな言葉になっています。
 
自分の過去を大勢の方に向けて、自ら話すことなんて必要ないと思いますし、友達に話すことも、あまりありません。
 
ですが、今回こんなことを文章として書きたいと思ったのは、現在たくさんのジムがある中で、「吉川メソッド」という存在を知って頂きたいという思いが強かったので、書かせて頂きました。
 
もちろん、吉川先生に書けと言われたわけでは全くなく、僕の方から、この件を改めて振り返ってみたい。過去の自分を隠さず、正面から自分と向き合いたいと思って、吉川先生に書かせてくださいと頼んだのがきっかけです。
 
また、中林への良くある質問として、「独立とか考えているんですか?」
「ライザップの方が稼げるんじゃないの?」って聞かれることがあります。
 
なぜ中林が吉川メソッドのトレーナーとして働いているかも知ってもらえればと思い、包み隠さず過去のことを書いちゃいました。
 
ちなみに、以前の僕ではこんなこと書けませんでした。どちらかと言うと誰にも話したくなかったですし、隠してきました。
 
ですが、吉川メソッドのスタイルでもあり、吉川朋孝のスタイルとしては、「後ろめたい生き方はしたくないから、過去を受け入れて、笑いに変えて生きていく!」です。
 
以前の僕はこんなことはできていなくて、誰と会うときも何かしら隠したいことがありました。ビクビクまではしませんが、どこか構えてしまっていました。
 
生きていてもどこかしらでストレスを感じていて、満たされない感覚が常にあり、休みの日には昼間から糖質を過食していたこともあります。
 
過食だけではなく、昼間からお酒も飲んでいました。昼間から糖質ゼロのビール(500ml)を4本飲んで、糖質をたくさん食べて、1人で潰れていたこともあります。
 
そんな自分が全てを受け入れて、何でも話せるようになると、こんなに楽になるものかと、今は実感しています。
 
中林という1人の人間が、過去や弱さを認めて、前よりちょっと強くなった実話です。
 
良いことも悪いことも起こりましたが、今があるのは吉川メソッドのお陰です。という訳で、中林の執筆した「死ねばいいのに」と言われた男」ご覧くださいませ。
 
↓こちらをクリック↓ 
「死ねばいいのに」と言われた男」序章 ~裏切りのパイオニア~
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

お電話での問合せは、こちらの
電話番号をタップしてください
03-6450-4405